講演会案内

(1)題目:イノベーションに向けてのUXデザイン
講師:中道 上 氏(福山大学 工学部 情報工学科)
日時:2019年5月15日(水)14時40分~17時50分 (途中10分の休憩を挟む)
場所:高知工科大学 香美キャンパス 教育研究棟 A-110
概要:さまざまな業界においてイノベーションが求められています.イノベーションのアイデアやサービスはどのように創っていけばよいのでしょうか? 今回は,サービスを創るための取
り組みとして「User Experience design」ワークショップを実施します.そのなかで新たなサービスがユーザーに提供するHappyなストーリーを検討します.

(2)題目:情報とモノづくり
講師:菊池 純男 氏(文科省enPiT2事業 外部評価委員、産業技術大学院大学 客員教授・元 日立製作所)
日時:2019年7月18日 16時20分~17時50分
場:愛媛大学 工学部 4号館 1階 E411教室
概要:
ITはすべての産業基盤となり、社・生活のインフラの要となっています。AIやデータ分析などの革新的な技術により、次々と新しい商品・サービスが出現している一方で、コモディティ化も急速に進む時代です。性能や機能を追求するだけでは他社との違いを訴求しにくく、企業の持続的な成長が難しくなっています。革新的な商品やサービスを生み出していくために、技
術者には従来型のHow to makeではなく、What to makeからのアプローチが求められています。

(3)題目:なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論 増補改訂版
講師:中山 心太 氏(株式会社NextInt 代表)
日時: 2019年12月16日 13時00分~14時30分
会場:高知工科大学 香美キャンパス(教室未定)
講演概要:
小学校におけるプログラミング教育の必修が2020年に予定されているなか、なぜプログラミングに関する教育が全員に必要なのか、世界経済や産業技術の変化に伴う働き方の変化を通じて解説していきます。
この講演は2019年2月に大学1年生向けに行った「なぜコンピュータを学ばなければならないのか 21世紀の君主論」というプレゼンテーションを大学4年生向けに増補したものを予定しています。

(4)題目:情報化はなぜ失敗するのか?
講師:西岡 潔 氏(東京大学 先端科学研究センター)
日時:2020年1月7日 16時20分~17時50分
会場:愛媛大学 工学部 4号館 2階 E421教室
講演概要:情報化は現代において避けて通ることが出来ない必須要件である。また、世の中はデジタルトランスフォーメーション(DX)の時代と喧伝されている。しかしながら、手段としての情報化を、真に役立つ成果として活かすことは決して容易なことではない。
本講演は、情報技術者を目指す皆さんが、如何にして情報化を通じて、企業の発展、世の中の進歩に役立つことができるか、具体的な事例も踏まえて 実践的な観点から議論する。